デブ菌を減らせば食べる量を減らさなくても痩せられるかも!

今、太っている人に朗報です。

腸内細菌のバランスを変えるだけで痩せ体質に激変する事をご存知ですか!?

太っている事が必ずしも食べ過ぎによるものでは無い理由を知らずしてダイエットをするのはもったいない!

ハッキリ言って時代遅れです!これからは食べる量を減らさずに痩せましょう。

痩せやすい体になる方法

アナタが太っている原因は菌にあった!?

知っていましたか?

AさんとBさんが脂っこい食事やあまーい食べ物を好きなだけ同じ量を食べました。

しかしAさんは太らず、Bさんだけが太ってしまった。

食べても太らない人と太ってしまう人の違い

食べる物、食べる量は全く同じでも一方は太り、もう一方は太らない。

こういう事態が起こるその理由はその人の腸にある菌が原因だったんです。

脂質の多い脂っこい食事や甘い食事などの太りやすい食事を食べても太らなかったAさんは痩せ菌が腸の中に多く、太りやすいBさんはデブ菌という菌が腸の中に多かったという訳です。

太っている人はこのデブ菌が多いのですが痩せ菌は少ない。

通常は痩せ菌6に対しデブ菌4が正常ですが太っている人は4対6や3対7、2対8などとデブ菌優位なのです。

痩せ菌体質の人とデブ菌体質の人

あなたは大丈夫?痩せ菌とデブ菌のバランス

痩せ菌のバクテロイーデスとデブ菌のファーミキューテスは人間誰しも持っていますがそのバランスには個人差があります。

太りやすい人はファーミキューテス優位で太っていない人はこれが少ない場合が多いです。

痩せやすい体とは、痩せ菌が多く、デブ菌が少ない身体にほかなりません。

デブ菌とは?

そのデブ菌とやらの正体はファーミキューテスという、脂質を脂肪細胞に溜め込みやすくする菌です。

なんかRPGゲームに出てくる敵の名前みたいですけど・・・

これ厄介な菌で、特に太っている人にとっては大敵なんですよね。

これ以上太らない為にはこのファーミキューテスを減らしてあげればいいんですね。

そうすれば痩せ菌であるバクテロイーデスの比率が上回ります。

WS0000007

バクテロイーデスは皆さんご存知、有名なビフィズス菌です。

ビフィズス菌は善玉菌なので腸内環境を整えお通じをスムーズにします。

でも、善玉菌が少ないと便秘や下痢、肌荒れなどの原因となる悪玉菌優位になってしまうのでこれまたカラダにとって良くない状態に陥ってしまいます。

なので痩せやすい体になるだけではなく、健康面でもビフィズス菌・バクテロイーデスを増やしてあげるとメリットが多いのです。

 

今流行りの菌活ではプロバイオティクスといって腸内環境を整える為にヨーグルトを食べるのが流行っていますね。

その中でも話題の乳酸菌【EC-12】の摂取が免疫力の向上に一役買います。

でも、実際にヨーグルトをコップ1杯(100g程度)食べただけでは腸内細菌のバランスにあまり変化がありません。

ヨーグルトに含まれる腸内細菌の数が50億個

これは膨大な数に感じられるかもしれませんが腸内がキレイになるのに必要なのは数は1兆個です。

ヨーグルトに換算すると100杯分・・・

毎日この量を摂取するのは大食いファイターでも無い限り厳しいですね。

しかし乳酸菌サプリメントであれば簡単に摂取可能となります。

プレミアムスリムビオはサプリメントの中に約100億個のEC-12が含まれています。

プレミアムスリムビオで痩せ菌優位に

これは実に3粒でヨーグルト100個分ですからどんなにヨーグルトが大好物の人でさえ、とても1日で摂取できるような量ではありませんよね。

痩せ菌が増えて痩せ体質に変わるだけでは無く、美容にも◎

便秘で悩むのはもうオサラバ!

小学館インサイトの調査によると20代から30代の女性の73%は便秘に悩んでいるとの結果が出たそうで、それによりポッコリお腹が目立ったり、下腹部が苦しかったり、肌が荒れたり・・・

便秘による様々な良くないネガティブな症状が表れるという方がいかに多いことか?

腸内環境を整える事ができればお通じが良くなることは勿論のこと、美肌美容も期待できます。

また、腸は第二の脳と言われています。腸の調子が気分を左右すると言っても過言ではありません。

腸が健康であれば気分も良くなるのです。

腸をキレイにすることで身体も心もキレイになる。

腸はお肌、ダイエットなどの美容面でも大きく関連性があります。

腸内細菌は善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌)・日和見菌・悪玉菌(ブドウ球菌、ウェルシュ菌)が存在します。

善玉菌の比率が多いのが理想と言われている理由は便通がスッキリして肌の調子も整うのと脳内物質であるセロトニンが多く分泌される為、免疫力も高い状態をキープできることです。

ところが悪玉菌の比率が多いと免疫力が下がり、気分的にもイライラしやすくなり、肌の調子も悪くなります。

悪玉菌は減らしたいものですね。

腸の調子が整う事で得られるのもの

  • セロトニンの分泌が増え、幸せな気分が得られる。
  • イライラする事が減る。
  • お肌の調子が良くなる。
  • 免疫力がアップする。
  • お通じがスムーズになって、便秘や下痢が減る。

腸を整える事でカラダとココロが共にキレイになるのです。

痩せ菌(善玉菌)を増やす食材一覧

スッキリ快調な毎日を送る上で欠かせないのが健康な腸内フローラです。

悪玉菌よりも善玉菌が優位であることが健康な腸の第一条件です。

痩せ菌を増やそう!その為の食材とは何か?

以下は腸内フローラのバランスを整え、腸内細菌、善玉菌を増やす食材になります。

水溶性食物繊維
海藻類
  • 昆布
  • わかめ
果物類
  • ゴボウ
  • エシャロット
  • にんにく
  • アボカド
発酵食品
  • 納豆
  • ぬか漬け
  • 味噌
  • ヨーグルト
  • チーズ
野菜
  • オクラ
  • モロヘイヤ
  • 里芋
オリゴ糖
  • 大豆
  • 玉ねぎ
  • ゴボウ
  • にんにく
  • トウモロコシ
  • バナナ
  • はちみつ
糖アルコール
  • キシリトール・・・
  • イチゴ
  • カリフラワー
  • ほうれんそう
  • 玉ねぎ
  • にんじん
  • レタス
  • バナナ
  • ソルビトール・・・
  • リンゴ
  • ナシ
  • マンニトール・・・
  • 昆布

これらの食材を毎日摂っていればあなたの腸内細菌、善玉菌は増えていき、腸内環境を良くすることが可能です。

毎日欠かさずに食べるようにしましょう。

そうすれば痩せにくい体質から痩せやすい体に変わっていきますよ。

しかし3日や1週間などという短期間で変わる訳ではありません。

少なくとも年単位の長いスパンで考えましょう。

ただし、上記に紹介したプレミアムスリムビオを摂ればもっと早く腸内環境が良くなります。

プレミアムスリムビオの詳細はこちら