太ってしまったけど出来るだけ早く痩せられるダイエット方法を探していませんか?

とは言ってもサプリメントや薬などに頼らず健康的に痩せたい!という方に朗報です。

自分の遺伝的体質を調べてダイエットに適切な食事や運動をすれば通常の何倍も早くダイエットする事が可能です。

これが昨今注目の遺伝子ダイエットです。

今大注目の遺伝子ダイエットは出来るだけ早く痩せたい方、ダイエットに挫折したことがある方にオススメです!

頑張ってダイエットをしているのに中々痩せない方、ダイエットで痩せるけどすぐにリバウンドしてしまう方。

それらは太りやすい遺伝子が原因かもしれません。

デブ遺伝子と言われるFTO遺伝子の変異型を持っていると人よりも多く高いカロリーの食べ物を好み、多く摂取してしまうんですよ。

よく、昔から太っている人ほど高カロリーの食べ物が好きだと言われていますが科学的にも理にかなった事だったんですね。

また、人には内臓脂肪が付きやすいタイプの方と、皮下脂肪が付きやすいタイプの方と、そもそも脂肪が付きにくいタイプの方が存在します。

この事実が表しているのは遺伝体質的に皮下脂肪が多いタイプの方が内臓脂肪を減らすダイエットに勤しんでもあまり効果が得られないという事なのです。

また、やせ型の人は一度でも太ってしまうと筋肉量が少ないため標準型の人よりも痩せるのに苦労します。

遺伝子ダイエットでは、検査結果に応じて受けた人にダイエットする際のオススメの食べ物や運動の種類なども教えてくれます。

このように、自分がどの体質に当てはまるのか?

どの食べ物やエクササイズが効果的なのか?を知っておくと痩せる時に何倍も効率良く痩せる事が可能となります。

私は将来もし太ってしまった時の為に遺伝子検査をしました。

ハーセリーズインターナショナルのダイエット遺伝子検査[DNASLIM]を受けてみた。

遺伝子検査キットをハーセリーズのHPにて注文後約3日程度で自宅に到着しました。

DNASLIM爪遺伝子キット

中身はキットと書類、返信用封筒などが入っていました。

ハーセリーズオンラインDNAスリムのやり方

爪を切って

爪を切る

カプセルに爪を入れて

爪遺伝子検査キットのやり方

同意書に必要事項を記入して

ハーセリーズオンライン遺伝子検査キット同意書

裏側の食行動チェックリストにもチェックを入れて

DNASLIM食行動チェックリスト

返信用封筒に先ほどの爪の入ったカプセルと書類を入れて、ポストへGO!!

肥満遺伝子検査キット

肥満遺伝子検査の結果が届きました。

DNASLIM・遺伝子検査結果レポート

ポストへ投函後約1週間前後で分析結果レポートが到着しました!

肥満遺伝子タイプ診断結果

七枚のレポートが入っていますがここでは主要なレポートをご紹介します。

私は皮下脂肪型肥満タイプのヘテロ型でした・・・

悲しいことにふつうの人よりも一日のうち45kcalも代謝量が少ない!

dnaslimの結果レポートです

う~ん・・・皮下脂肪型肥満タイプでしたかぁ~。

このタイプは内臓脂肪よりも皮下に脂肪が付き易く、女性に多い肥満タイプなのだとか。

UCP1遺伝子の変異型を一方の親から受け継ぎ、標準型の人よりも一日で45キロカロリー程度、基礎代謝量が少ないのです。

45キロカロリーというと、食べ物だと小さなお饅頭一個分とかですか?

まあ、肥満防止には普通の人の食べる量よりもほんのちょっと減らせば良いって事ですね。

 

これがホモ型(両方の親から受け継ぐ)だったら一日に90キロカロリー程度少ないという事になるから我慢しなければならない食事の量も増えるのね。

 

この表を見てみると、内臓脂肪型肥満タイプの人は100~200キロカロリー程度基礎代謝量が少ないという・・・

ダイエット遺伝子検査結果レポート

自分は皮下脂肪型肥満タイプ。しかも1つの変異型を受け継いだだけのヘテロ型なので軽度で済みました。

ちょっとホッとしています。

 

あ、いくらダイエットしてもなかなか痩せられないという方はADRB3遺伝子とUCP1遺伝子の変異ホモ型を持っているのかもしれません。

もしそうだとすると、215kcal+85kcal=300kcalも基礎代謝量が少ないという事になるのでダイエット時にはかなり厳しい食事制限が強いられる訳ですね・・・

 

また、浪費型遺伝子のADRB2遺伝子を持つ人は基礎代謝こそは170kcalも高く、太りにくい体質だと言うけれど一度太るとかなり厄介ですね。

このタイプはタンパク質の吸収が悪く、加齢による筋肉の衰えで基礎代謝が低下するので若いうちならまだしも年を取る毎に痩せにくい身体になっていくそうです。

食事と運動のアドバイスレポートが今後のダイエットに役立つ!

日脂肪型肥満タイプは脂質の代謝が弱いので揚げ物とか脂身の多いお肉などといった脂質の多い食べ物を食べると太りやすいのだそう。

肥満遺伝子検査の結果レポート

だからなるべく脂質を減らす事によって痩せやすくなるとのこと。

私はこれを知ってから主食の量を増やし、脂分の多いおかずを減らしました。

脂分が食べたくなったら脂質の代謝を促すビタミンB2も一緒に摂った方が良いそうです。

 

運動レポートでは・・・

どうやらダイエット時に選ぶ運動は筋トレが良いようです。

皮下脂肪型肥満、内臓脂肪型肥満

皮下脂肪型肥満タイプなので筋肉を付けて基礎代謝を高めれば太りにくい身体になれるからですね。

私はちょっと前に太っていたのですが、痩せる為の運動としてジョギングをしていました。

しかし、筋トレをしていた方がもっと早く痩せられたという事でしょう。

今後もし太ってしまった時にこのレポートをダイエットの指南書として活用していきたいと思います。

遺伝子ダイエットをオススメしたい方

  • 今までダイエットしてきたがどれも失敗してきたという方
  • 効率良くダイエットを進めたい方
  • 痩せる薬や痩せるサプリに頼りたくない方
  • 健康的に痩せたい方
  • これまで痩せられなかった原因を知りたい方
など